『おかいまっ!!』 

アクセスカウンタ

zoom RSS Cello Lesson #54

<<   作成日時 : 2016/07/24 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週も仕事忙しく、土曜日のレッスンに変更してもらい昨日は夕方5:00からのレッスン。

画像
ウェルナーはP36のAllegro moderaro 。一通り弾いた後、最後の和音の練習に時間を費やす。重音難しい。両方の音を均等に鳴らせない。
しかも二つの音のハーモニーがよくわからない。三和音の真ん中の音は低めに取る、例えばドミソの和音なら真ん中のミの音は低めに取るときっちりハモって聞こえる、ってことは今までもよく言われたが重音がキチンと弾けない状況でハモる位置がわかりようがない。
とにかく、開放音に合わせてハモる位置を探すようにとのこと。
具体的に最後から4小節前のレシの和音はソシレの和音なので開放のレの音に合わせて、真ん中のシの音は低めに取る。
次のドミの和音は2弦の開放音ソにミの音を合わせ、次にドの音を決める。
3拍目のファレの和音は2弦開放のレの音とまずレの音を決めてからファの音を押さえる。この時どうしても2の指が下がってきてしまうので指が下がらないようしっかり踏ん張って押さえる。

画像
スズキは第3巻5番目の練習曲、ベートーヴェン「ト長調のメヌエット。これもまた難しい。一番高い音が1弦ラの音。それも去ることながら弓使いが難しくなってきた。
トリオに入ってからのアップアップでしかもスタッカートのボーイング。全部音が切れて聞こえるようにということでなんだか嫌がらせのような弓使い。
でも意外に練習したらなんとか弾けた。要は慣れるしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cello Lesson #54 『おかいまっ!!』 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる