アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「クラシック音楽」のブログ記事

みんなの「クラシック音楽」ブログ

タイトル 日 時
ブルックナー 交響曲第5番
ブルックナー 交響曲第5番  阪急の西宮北口駅前にある兵庫県立芸術文化センター、通称芸文に今日初めて足を踏み入れました。当ブログで行きたいなぁ、と書き記したのが2006年の11月。それから苦節10年、やっと、やっと行くことができた訳です。  立派なホールでした。ガラス張りのホワイエは開放感に溢れ、木目調の大ホールは格調高く、大阪のシンフォニーホールやフェスティバルホール(←まだ新しくなってから行ってないんですが・・・)よりいい雰囲気な感じがしました。 で、このステキなホールでの演目がこれです。 大フィルと芸文共催のブルッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 22:09
オーケストラ・アンサンブル アミクス第1回演奏会
オーケストラ・アンサンブル アミクス第1回演奏会  今日は用あって神戸に行ったんですが、神戸マラソンやったんですよね〜。早々に帰路に着くランナーといっぱいすれ違いましたよ。    いいなぁ、今年も神戸当たらんかったし。まぁ、岡山マラソン走れたからよかったんですけど、終わって1週間、結果のふがいなさに改めて、次こそはと思った次第。フルを走れるスタミナとメンタルを鍛え直して、来年の熊本を目指すことを誓う。  つうことで、さっそく朝は20km走ってきたし!!    前置きが長くなりましたが、神戸に行ったんはtakuさんが参加するアマオケの演... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/15 22:46
Luft Musica 第5回オータムコンサート
Luft Musica 第5回オータムコンサート  この前の日曜日、チェロを習っている先生が主催するアンサンブルの演奏会を聴きに行ってきました。  会場は西宮の仁川学院のコルベ講堂。パイプオルガンも備えた大変立派なホールでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/03 21:55
ブル7
ブル7  紫苑交響楽団ってアマチュアオーケストラを高槻出身の指揮者の横島勝人氏が振るので一緒に聴きにいきませんか?ってtakuさんが誘ってくれはったんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/20 23:36
高槻フィル!!
高槻フィル!!  久々にクラシックのコンサート。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/08 22:56
GW3日目〜久々のクラシック〜
GW3日目〜久々のクラシック〜  久々第3弾はこちら・・・。  『ラ・フォル・ジュルネびわ湖「熱狂の日」音楽祭2013』 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/29 21:57
再オープンまであと1年・・・
再オープンまであと1年・・・  新しいフェスティバルホールが来年の4月10日に再オープンを迎えるみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/21 23:20
さよなら、ボッセさん・・・
指揮者のゲルハルト・ボッセさんが亡くなられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/02 23:01
朝比奈さんが消えている!?
 今日からお盆休暇で休みの企業さんもいっぱいあったと思いますが、うちは一応営業日。でも完全に開店休業状態。節電せなあかんし、休みにすればいいのに、ブツブツ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 22:08
大植さんのラストシーズン
大植さんのラストシーズン  大植英次氏、今シーズンで大フィルの音楽監督退任だそうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 21:14
早くも年末の話を・・・
 8月、夏真っ盛りでセミがわんわん鳴いてるのに、年末の話なんかしたら鬼が笑うかもしれませんが(使い方間違ってますね・・・)、年末恒例、大フィルの「第9シンフォニーの夕べ」、つまり12月29日に行なわれるベートーヴェンの第9交響曲の演奏会の今年の指揮者がゲルハルト・ボッセさんに決まったそうな(詳細はコチラ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/10 23:51
ボッセさんのベートーヴェン「運命」
 「のだめ」の映画が明日から始まるんですよね〜。家族みんなで見に行こうって言ってるんですけど。そういやクラシックのコンサートも最近すっかりご無沙汰・・・って、この前行ってきたんでした。12月6日の日曜日、題して『マエストロボッセ&大阪フィルの「運命」』。  場所は地元、高槻現代劇場大ホールでした。プログラムは・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/18 23:42
大阪クラシック2009
大阪クラシック2009  今年も8/30〜9/5の一週間、開催されました、「大阪クラシック」。4年目の今年は「B!」というテーマで100の公演が御堂筋から中之島にかけてのあちらこちらで催されました。  ちなみに今回テーマになった「B」という文字、これを崩して組み替えたら公演数の「100」になるって、最後の公演で音楽監督の大植さんはおっしゃってたとか。  まぁ、そんな意味も込められた今年の「大阪クラシック」、観客動員も延べ約5万人いうことで、それなりに盛り上がったみたいですが、見ている人は明らかにクラシックが好きそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/15 21:33
ベルリーニのシンフォニア
ベルリーニのシンフォニア  今日は天気予報通り雨でした。朝から安満SC3年は試合が入ってたんですが残念ながら中止。夜は夜で万博にガンバvsヴィッセル神戸戦を見に行くつもりやったんですが、それもキャンセル。結局、一歩も家の外にでることなく、家事に勤しむ一日になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/12 23:03
ポリーニのショパン
ポリーニのショパン  実家の母が「ショパンのピアノソナタはええで〜」とのたまうので、「ふ〜ん、ほな、CD買ってきたるわ」ということでタワーレコードに行ってきたわけです。  でも、ショパンはほとんど聴かない作曲家。行き慣れた梅田のタワレコにもかかわらず、まずはどこの棚に置いてあるのか右往左往。作曲家ごとのアルファベット順に並べてあるのですが、最初、何を思ったのか「S」の棚を探してました。ショパンは「CHOPIN」だから「C」なのにね。ボケてました。いつも見るブルックナーの隣に並んでました、いっぱい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 23:48
ドゥダメルのチャイコフスキー
 長男がインフルエンザにかかっちゃいました。昨日、38度の熱が出たのでお医者さんに行って見てもらったら見事にビンゴ。今日は昼間は熱も下がったみたいで、さすがタミフル!と思ったんですけど、夕方になったらまた熱がぶりかえしてきました。  まぁ、昨日ほどしんどそうじゃないし峠は越した感じなんですけど、週末の予定はみんなキャンセルですな。しゃあないです。それより一家全滅にならないか心配・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/02/20 23:58
朝比奈さんのベートーヴェン
朝比奈さんのベートーヴェン  まったく迷惑な話です。帰宅途中の人身事故。大阪駅に着いて乗り換えようとしたら構内放送が電車の運転を見合わせるアナウンスを連呼してました。  やれやれ・・・。阪急で帰ろうかと思いましたが、時間も早かったのでなんとなく足はタワーレコードの方へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/13 23:01
バレンボイムのニューイヤーコンサート
 ひゃあ〜。明日からまたお仕事と言うことで、あっと言う間の年末年始でした。  例によって実家に帰ってぐ〜たら。上げ膳据え膳の生活を満喫?し(どうもお世話になりました)、安満SSの初蹴りにブルブル震えながら参加し(保護者は見てるだけ・・・)、地元の神社に初詣に行き(りょんりょんの仲良し友達のおじいちゃんがおみくじ売場にいた!)、ひらぱーにアイススケートに行ったり(あややぁ〜ん初滑走で滑ってた!!)してたらあっさり終わっちゃいました。  ただ今、今年の正月を振り返りつつ??元旦にやってたウィーン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/04 23:16
大フィル09-10定期演奏会プログラム
 最近、サッカーネタばかりの当ブログですが、久しぶりに音楽ネタです。大フィルの来季の定期のプログラムが発表されました。詳細は以下に列挙しておきますが、今季も結局1回見に行っただけで、年々シンフォニーホールから足が遠のく傾向にあります。逆に万博の方には頻繁に・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/20 22:48
ドヴォルザークのピアノ四重奏曲第2番
ドヴォルザークのピアノ四重奏曲第2番  この日曜日から大阪のメインストリート、御堂筋界隈で大植監督率いる大フィル軍団による「大阪クラシック」が始まりました。今年で3回目、毎年恒例のイベントとして定着してきた、かな??    さて、さて、とプログラムを見ていたら、ん?昨年より有料公演が増えてる・・・。まぁ、それはいいとしましょう。タダだけど要整理券の公演も増えてる。これはちょっと・・・。しかも10時から並んで一人1枚しか配ってくれないなんて。  仕事抱えてる身にとったら、合間にふらっと立ち寄って気軽に聴ける公演が多い方がありがた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/09 23:11
ハイドンの交響曲第39番、第45番「告別」
ハイドンの交響曲第39番、第45番「告別」  最近はFMから流れてくる演奏を聴いて、あっ、これいいなぁって思ったCDを買うことが多いです。でも今回のアレクサンダー・リーブライヒ指揮ミュンヘン室内管弦楽団のハイドンはCDショップに置いてあった「Klassik」という小冊子で紹介されていたのを見て聴いてみようかと。  「黒田恭一のこれを聴け!」と題するコラムにこのCDのことが書かれていて、そんなにおっしゃるのならじゃあ、と大枚はたいて!?買ってみたわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/30 23:16
アバドのモーツァルト
アバドのモーツァルト  クラウディオ・アバド、今年で75歳なんですね。いつの間にやらすっかりおじいちゃんになってしまって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/28 22:32
作曲家別演奏頻度ランキング
 1.モーツァルト             2.ベートーヴェン            3.チャイコフスキー          4.ヨハン・シュトラウスU      5.ビゼー   6.ルロイ・アンダーソン  7.ブラームス  8.ドヴォルザーク  9.ヴェルディ  10.久石譲  11.ジョン・ウィリアムス  12.ロッシーニ  13.エルガー  14.プッチーニ    シベリウス  15.グリーグ  16.メンデルスゾーン  17.ラヴェル  18.外山雄三... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/28 23:58
大フィル第420回定期演奏会
 アデュ−の演奏会頑張ってた自分へのご褒美と言ったところでしょうか。仕事帰りにふらっと、大フィル420回定期演奏会の初日(24日)の公演を覗いてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/25 23:40
大フィルもピンチ!?
 大阪センチュリー交響楽団の補助金カットの問題に続いて、大阪フィルハーモニー交響楽団の方もなんだか雲行きが怪しくなってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/11 23:02
オーケストラはインテリのものなのか?
 『大阪府の橋下徹知事は30日の部局との公開議論で、改革プロジェクトチーム(PT)が補助金廃止を打ち出している大阪センチュリー交響楽団をめぐり、「行政に携わったり、財界の人だったり、そういう層は、ちょっとインテリぶってオーケストラだとか美術だとかなんとか言うが、お笑いの方が根づいているというのが素朴な感覚」と発言した。同楽団は府文化振興財団が運営している。』(朝日新聞08/5/30夕刊記事より) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/05/30 23:42
センチュリーがピンチ!!
 大阪府の財政改革案で、大相撲大阪場所の会場である府立体育会館が廃止される!?、とかなんとかで大騒ぎになっていますが、大阪センチュリー交響楽団もやばいことになってきました。運営元の大阪府文化振興財団に対する補助金(年間約4億円)を全額カットするというのです。  万が一そういうことになってしまってはオーケストラは運営できない。最悪解散に追い込まれるという事態になってきました。  有志が署名活動を始め、楽団の存続を訴えていくということでコチラのブログに記事が出ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/12 23:56
マーラーの交響曲第9番
マーラーの交響曲第9番  今日は日中仕事に出ていたのですが、早く終わったので帰りに梅田のタワーレコードに寄ってみました。  久々に覗いてみるとカラヤンの生誕100周年でいろいろとCDが出ていましたし、おなじく生誕100周年になる朝比奈さんのCDも復刻盤が出ていて棚をにぎわせていました。  朝比奈さんの最晩年のブルックナーの5番のリマスター盤などは聞いて見たい気がしましたが(従来盤を持っているのですが、あまり音がよくないので)、いろいろ物色していて今回はこれにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 23:29
2007年音楽クリティック・クラブ賞
 今日の朝日新聞の夕刊に「音楽クリティック・クラブ賞」についての記事が出ていました。この賞、関西在住の音楽評論家が去年一年(06年末〜07年11月)関西で行なわれたクラシック演奏会の中で優れた演奏者や団体を選んで表彰しているらしいんすが、07年の本賞に児玉宏(指揮)、京都アルティ弦楽四重奏団、奨励賞に大岡仁(ヴァイオリン)が受賞したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/14 23:02
ハイドンの交響曲第90番
ハイドンの交響曲第90番  ハイドンの交響曲は楽しいです。全部で104曲+αもありますから、当然のことながら聴いたことのない曲の方が多いのですが、最近好んで聴いています。    今回聴いたのは第90番。副題のついていない交響曲ですが、ハイドンならではのユーモアあふれる作品で、思わず笑ってしまいます。  そう、この曲の第4楽章、よっしゃ、終わったと思ったら、また始まるんです。だって、タンタカタッタン、タン、って終わったらもう終わりでしょ、普通。拍手しないと。  でも終わったと見せかけておいて、また弦楽器がそぉ〜っと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 23:43
吹田市交響楽団の演奏会
 今日は、贅沢に2つの演奏会をはしごする予定でした。一つ目は、「マンドリンアンサンブル サウーヂ!」の演奏会。アデューの若手のメンバーを中心とするマンドリンアンサンブルで、今日のステージでは当ブログにもコメントを寄せてくれている8810君が指揮者デビューするということで、楽しみにしていたんです。  でも、あややぁ〜んがカゼひいてしまったため日中は外に出れず、あえなくキャンセル。どんな感じやったんかなぁ?  後ろ髪引かれる思いでしたが、気を取り直してもうひとつの演奏会の方は夕方から行って参りま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/02 23:04
のだめスペシャル
 えぇ、もちろん見てましたよ。二日とも、一家で。チビども夜更かししまくりでしたが最後まで見てました。  チビどもも「のだめ」は大好き。ベートーヴェンの7番にあわせて指揮の練習。俳優さんが他のCMに出ているのを見ては「あっ、千秋やぁ〜!」「あっ、のだめっ!」。もちろん俳優さんの名前は知りません。  でもお願いやから二人して白目むくのだけは勘弁してくれ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/05 23:00
大フィル2008-2009定期プログラム
 ようやく来季の大フィルの定期演奏会のプログラムが発表になりました。なんやかんやと今季は行く時間もなくシンフォーニーホールにはさっぱり足を運んでいませんが、どんな曲をやるかは一応興味があります。その詳細は以下の通りなんですが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/25 23:11
朝比奈隆展
朝比奈隆展  先週11日から16日までリーガロイヤルホテルで行なわれていた「永遠のマエストロ 朝比奈隆展」を仕事の合間に覗いてきました。  大阪フィル創立60周年の記念事業で行なわれたこの展示会。気がつかなければ通り過ぎてしまうようなホテルの1Fギャラリーにてひっそりと・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/19 23:00
フットボール・チューンズ-クラシカル-
フットボール・チューンズ-クラシカル-  サッカーマガジン推薦盤と銘打ったこの「フットボール・チューンズ-クラシカル-」なかなかおもしろいです。  クラシックの楽曲って意外とサッカーシーンに使われてますよね。サッカー番組のBGMなんかでもよく流れてきます。でも実際何の曲なのかわからず聞いていることが多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/27 23:55
小澤征爾の「幻想交響曲」
 今日、BSで今年9月に行われたサイトウキネンフェスティバルのオーケストラコンサートの放送があったので見てみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 23:03
朝比奈隆&N響のDVDボックス
 朝比奈さんが亡くなられてもうかれこれ6年の歳月が経とうとしています。大フィルもすっかり大植さんが掌握して朝比奈色も薄れ、御大の御世は過去のものとなった感があります。  でも、先の定期で大植さんが急病で指揮台に立てず、急遽指揮者なしでブラームスの4番をやったときに出てきた音が朝比奈さんのブラームスやったという話もありますからまだまだ捨てたものではないのかもしれません。  前振りはさておき、こんなDVDの発売予告を発見・・・。(⇒コチラ)    なんと言っても来年は生誕100年ですからね。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/02 23:02
大阪クラシックあれこれ・・・
大阪クラシックあれこれ・・・  ←開演前。すごい人だかり。明治安田生命大阪御堂筋ビル1階エントランスホールにて。まもなくモーツァルトのオーボエ四重奏曲が始まります・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 23:57
ボッセさんのベートーヴェン
 昨日、いずみホールが主催する「日本を代表する室内オーケストラで聴く ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」と題する演奏会の2回目の公演を聴いてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/31 23:58
ドゥダメル
 グスターボ・ドゥダメルという指揮者の名前を初めて知ったのはシモン・ボリバルユースオーケストラ・オブ・ベネズエラを振ったベートーヴェンの交響曲第7番を聞いたのが最初やったと思います。  FMラジオから流れ出てくる演奏自体は極めてオーソドックスなものでしたが、「えっ?ベネズエラ出身?」「なんでユースオケ??」「ドッ、ドッ?ドゥダメル???なんじゃ、そりゃ?」というのが最初の印象。    それ以来すっかり忘れていたんですが、先日takuさんのブログでドゥダメルのことを取り上げておられてこの指揮... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/14 23:08
今年も「大阪クラシック」
 〜御堂筋にあふれる音楽〜と題し、今年も9月2日(日)から8日(土)までの7日間にわたって御堂筋沿いにクラシックの音楽が響き渡ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 23:36
大阪国際フェスティバル〜大植さんのブル8〜
大阪国際フェスティバル〜大植さんのブル8〜  先週の木曜日(26日)に行われた大阪国際フェスティバルでの大植英次指揮、ブルックナー交響曲第8番。聴いた感想書くのが遅くなりました。以下、簡単にコメントを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 22:54
星空コンサート
星空コンサート  14,000人ですか・・・。昨日、大阪城西の丸庭園で行われた大植英次指揮&大フィルの野外コンサート。今日の朝日新聞1面に記事が出ていましたが、クラシックの野外コンサートで(しかも大阪で!!)こんなに人集めるなんてすごいですね。  FM802が毎年夏に万博でやっているJ-POPのオムニバスフリーライブ「MEET THE WORLD BEAT」が14,000人規模ですから、クラシックでこの観客動員数はものすごい数字やと思います。主催者側もこんなにやって来るとはまさか予想していなかったのでは? ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/30 22:14
フェスティバルホール
 気がつけば桜咲く4月、黄砂舞う4月になりました。今の会社で働きだしてからもうかれこれ13年。この4月で14年目に突入です。いやはや・・・.。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/03 23:06
大フィル第405回定期演奏会
 興奮さめやらぬまま帰宅すると、郵便物が・・・。ありがとうございます。Sさん。また送ってくれはったんですね、「サッカーJ+」。週末ゆっくり読ませてもらいます。なんだか毎号送っていただき申し訳ないですね。感想は改めて後日に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/23 23:33
ニールセン 交響曲第4番「不滅」
 いや、別にこんな平日の一番疲れている木曜日にこんなマイナーな曲聴かなくてもいいんですけど。  先日「のだめ」のマンガ(17巻)を読んでいたら、千秋が振っていたのがこのニールセンというデンマーク生まれの作曲家の交響曲やったわけで、いったい、ニールセンとはなんぞや?と思い聴いてみようとだしぬけに思ったわけです。    曲はI. Allegro II. Poco allegretto III. Poco adagio quasi andante IV Con anima - Allegr... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/22 23:37
マエストロ ボッセ「春を呼ぶコンサート」
 今日は、朝から近所のサッカーチームにチビどもを連れていって「親子サッカー」に参加。そんなに動いたわけでもないですが、疲れました。あやや〜ん(長女3歳)がぐずり出したのでボクは途中で帰ってきましたが、家に帰るとぐったり。でも日頃運動不足になっているのでちょうどいい運動になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/28 22:26
シューマンの交響曲第1番「春」
 先日、いつものように車を走らせながらFMを聴いていたら聞こえてきたのがシューマンの交響曲第1番「春」。指揮はダニエル・バレンボイム。演奏はベルリン・シュターツカペレ。  おっ、いいやん。シューマンの交響曲って、曲はいいけど、演奏効果を上げるのが難しくて、いまいちしっくりこないなぁっていう演奏の方が多いような気がするのですが、いいじゃないですか、バレンボイム。さっそくCDを購入して改めてじっくり聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/25 22:46
ビゼーの劇音楽「アルルの女」
ビゼーの劇音楽「アルルの女」  「アルルの女」に片思いする男が、「アルルの女」が他の男と駆け落ちすることを聞いて、ショックの余り飛び降り自殺してしまうという悲劇「アルルの女」。G.ビゼーが作曲したこの劇付随音楽、「へぇ〜」が多い曲です。(もう古いか・・・!?) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/20 23:11
R.シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」
 昨年4月の大フィル定期で演奏されたR.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」。指揮はもちろん大植さん。そのライヴCDが昨年末に発売されたのでさっそく買って聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/09 23:13
朝比奈さんのブルックナー交響曲第5番
 朝比奈さんのブルックナーはイチバンデスッ!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/26 23:22
モーツァルトの音楽
 ちょうど、今NHK教育TVでアーノンクール指揮でモーツァルトのレクイエムをやっているのを聴きつつキーボードをたたいているところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/24 23:56
大フィル、来年の定期公演
 大フィルのホームページで正式に発表されたみたいですね、来年の定期のプログラム(詳細はコチラ)。  先に指揮者のみ発表されていてどんな演目になるのか楽しみにしていました。    一見したところ、結構地味かなぁ、と。どちらかと言えば通好みの選曲か?大植さんは4回登場して、ショスタコーヴィチの交響曲第5番(4月)、ブラームスの交響曲第4番(6月)、ラフマニノフの交響曲第2番(12月)、ベルリオーズの幻想交響曲(08.2月)をそれぞれメインにしたプロ。来年はマーラーは振らないんですね。4番あたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/19 23:54
兵庫芸術文化センター管弦楽団、来年の定期公演
 白石美帆、そんなとこでなにしてんねん!最初誰かと思ったわ。スパサカではかみまくりやのに、ドラマではちゃんとセリフ言えてるやん。(って当たり前なのですが・・・)  ということで、今週もビデオでのだめ観戦でしたが、だって、昨日も飲み会で、12月に入ってからも引き続きブログの更新が滞ること、滞ること・・・いやはや・・・  そんなこんなであっという間に12月も半ばに差し掛かり、慌しい、というより飲んでばっかで体に悪い毎日を過ごしているところであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/12 23:41
ラフマニノフの交響曲第2番
 のだめ、おもしろくなってきましたね。昨日は仕事終わったあと飲みに行って午前様やったので、ビデオに録っておいたのを(おっさん、わざわざ録って見てるんか!?)先ほど見終わったところ。原作も面白かったですが(おっさん、マンガも読んだんか!!??)ドラマの方もなかなかいい味出してますね。  千秋の指揮もだんだんうまくなってきて、全然素人っぽくなく、俳優さんってすごいなぁ、などと妙なところに感心することしきり・・・  バックで流れる音楽を聴くのも楽しみのひとつで、場面場面に応じた絶妙の選曲に脱帽です... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/05 23:59
大フィル'07-'08シーズンの定期
 U−21代表戦、今日やったんですね。明日やとばっかり思ってました。韓国相手に1-1のドローやったみたいですが、ガンバの家長先発してたみたいですね。報道ステーション見てたらいいパス、結構出してたみたいです。  日曜日のジェフ戦で対面して火花を散らしていた水野にいいサイドチェンジのパス出してたのには笑いましたが。ドリブル突破も相変わらず。いい感じでアピールできたのではないかと。この調子でアジア大会でも結果残して代表定着して欲しいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/21 23:44
兵庫県立芸術文化センター
 最近(とは言いつつもうだいぶん経つんでしょうが・・・)西宮にできたこの新しいホール、一度行ってみたいなぁ、と思いながらなかなかチャンスがありません。  もともと、ここでウィーンフィルがアーノンクールの指揮でブルックナーの交響曲第5番をやるということで、行ってみたいなぁと思って先行予約会員になってみたものの、直後にスピード違反で捕まって35,000円の罰金をお上に上納するはめになりあえなく挫折。  以来、毎月案内が送られてきて食指が動くコンサートがあるものの行く機会ないんです。  芸術文化... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/09 23:11
ドヴォルザークの交響曲第8番
 木枯らし一番、派手に吹きましたね。ものすごい風でした。おかげで御堂筋の銀杏の実も落ち始め、独特の匂いが目抜き通りに薫るはめに。有体に言って臭い・・・  急に寒くなったんで風邪引いてしまいました。昼ごろから、めまいと頭痛と吐き気。最悪です。途中で仕事やめて帰ってこようと思ったんですがなんとか薬飲んだら落ち着いたんで一応定時まで会社にいて、早めに帰宅しました。  おかげで夜は時間ができたので昨日に引き続き、ドヴォルザーク。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/11/07 23:07
ドヴォルザークのチェコ組曲
 今、月9でやってるドラマ「のだめカンタービレ」の第一話冒頭の千秋とヴィエラ先生との回想シーンで流れていた曲、素敵な曲ですね。  ずっとなんという曲か気になってたんです。曲の雰囲気からたぶんドヴォルザークやろうなぁ、とは思ってたんですがいろいろ探してて、先日とあるブログの書き込みに曲名が書いてあってやっと出会えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/06 23:33
ブルックナーのピアノ曲
 昼間、営業がてら車を走らせながらFMを聴いていたら、ブルックナーのピアノ曲やってました。(ピアノは白神典子) ブルックナーと言えば9つの交響曲ばかりが有名ですが、交響曲の重厚長大さとは打って変わって軽快な曲ばかり。若いころの作品みたいですが、茶目っけたっぷりなブルックナーが聴けます。     今日オンエアされていたこのCD、交響曲第7番、第二楽章アダージョのピアノ編曲版も入っているので管弦楽版との聴き比べもおもしろいかも。秋の夜長に、こんなピアノ曲を聴くのもいいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/30 22:39
ボッセさん
 ゲルハルト・ボッセ。1922年ドイツ生まれの老指揮者の音楽をボクはまだ聴いたことがありません。    氏の姿を初めてお見かけしたのは、数年前。市バスの中ででした。ボクが降りるひとつ手前のバス停で降りていかれました。  どこかで見た顔だなぁ、ボッセという指揮者に似ているなぁなど思いながら、半信半疑で家に帰ってネットで検索してみたらバスの中で見かけた老人と紛れもなく同じ顔。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/19 23:02
大植さんのチャイコフスキー
 近頃、めっきり涼しくなり秋本番というのにうちの会社はいまだにクールビズでノーネクタイOK。いつまでするんでしょう?確かにネクタイしていると首回り苦しいし、ないほうが楽チンなんですがね。もっとも首周りが苦しいのはネクタイのせいではなく太ったせいかも・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/17 23:31
ギュンター・ヴァント
 この前のブログで、ブラームスについてなんだかすごく否定的なコメントしてしまいましたが、反省・・・  聴く人聴く人で感じることが違うわけやし、あんまりストレートに浅薄な知識を振りかざしてあれこれ書くのもどうかと・・・。読んで不快な感想を持たれた方ごめんなさい。ブラームスさんにも申し訳ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/29 23:54
ブラームスはお好き?
 今日も残業。最後まで事務所に残ってて、戸締りして帰ってきました。うちの会社ではこのように最後に戸締りして帰る人を「取締役」ならぬ「戸締役」と称してます。なんだかえらくなった気分・・・になるわけないか。  誰もいない事務所で仕事していると気が滅入ってくるので音楽でも聴きながらと、パソコンでナクソスのミュージックライブラリーを開いて、何を思ったかブラームスの交響曲2番を・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/21 23:50
ビゼーの交響曲ハ長調
 のっけから、ビゼーです。「カルメン」でも「アルルの女」でもなく「交響曲ハ長調」です。 最近のマイ・ヘビーローテーションです。なぜか・・・   今もシャルル・ミュンシュ指揮ロイヤル・フィルの演奏聴きながら、パソコンに向かっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/20 23:56
朝比奈さんの思い出
 アルトゥールさん、コメントありがとうございます。 ボクも晩年の朝比奈さんの演奏、たくさん聴きました。最後に聴いたのは、ザ・シンフォニーホールでのブルックナーの交響曲第9番。2001年9月24日、亡くなられる約3ヶ月前のコンサートでした。  指揮台に立った朝比奈さんは数ヶ月前に見たときよりやせ衰え、豪快な指揮ぶりは影を潜め、演奏の内容もお世辞にも褒められたものではありませんでした。今思えば、もはやオケをコントロールできる状態ではなかったんですね。  でも、その時はまさかこれが朝比奈さんの音... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 23:50
見てきました!!「大阪クラシック」
 9/3(土)から1週間に渡って御堂筋沿いで行われた大フィル音楽監督大植英次プロデュースの「大阪クラシック」が終わりました。ボクも何とか仕事の都合をつけ、というかサボって!?3公演のぞいて来ました。8日の公演は仕事の電話が鳴ってやむなく後半は退席しましたが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 1

2006/09/10 23:24
夏の終わりは線香花火
 暑い日が続いてます。でも8月ももう終わり。早いですね。 今日は久しぶりに家でのんびり。ちらかってほこりだらけの部屋を片付け、りょんりょんをスイミングスクールに連れて行って待っている間にあややぁ〜んとウトウトして、夜は遠く聞こえる雷鳴にビビリながらも近所のご家族と花火大会。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/26 23:30
大阪クラシック そのA
 最近はサッカーネタばかりでしたので今日はこのお話。といっても以前にも書いた話の続きですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/11 23:13
大阪クラシック
とある朝比奈隆&大フィルのファンサイトを見ていたらこんなトピックスが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/27 23:31
R.シュトラウス 「アルプス交響曲」
昨日R.シュトラウスの話をしたのでついでに・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/25 23:18
R.シュトラウスのオーボエ協奏曲
なかなか、梅雨が明けませんね。 今日から天神祭だというのに・・・明日の花火は大丈夫でしょうか?うっとうしい天気つづきにさすがにうんざり・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/24 23:25

トップへ | みんなの「クラシック音楽」ブログ

『おかいまっ!!』  クラシック音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる